トップ

走行距離

自動車の危険回避技術

自動車の最新技術の一つに、レーダーやカメラを使って、自動で危険を察知し、停止してくれる装置があるのをご存知でしょうか。人間が目で見て判断するよりも早く、正確に判断してくれるのに、多くの事故を防いでくれる装置です。自動車メーカーによって多少違いますが、たとえば前方にクルマや歩行者などの障害物があると、最初に警報音や表示でそれを知らせて危険を回避するようにうながします。しかし、的確な回避操作が行えない、あるいは間に合わない場合は、自動的にブレーキを働かせて、障害物の前で停止するように作動し、衝突を回避したり被害を軽減します。

車の運転技術を補う装置

自動車の運転技術が未熟な人でも、それを補ってくれる様々なシステムが多くのクルマに備わっています。たとえば、横滑り防止装置と呼ばれるものがあります。これはカーブを曲がるときに、クルマが外側へふくらんでしまうことがあります。対向車線にはみ出しそうになってひやっとした経験をしたことがある方も多いことでしょう。横滑り防止装置があれば、このようなふくらみを自動車のほうで自動的に防いで、安定した走りを可能にしてくれます。このような装置が付いていると、運転が上手になったような錯覚を覚えるほどで、事故を防止する役割を果たしてくれます。

↑PAGE TOP